収入証明書を用意できなくても即日融資は受けられます。

・収入証明書がいる場合のために給与明細書や源泉徴収票は大切に保管しよう

 

融資を受ける際に必要な書類に収入証明書とありますが、具体的にはどのようなものでしょうか。

 

会社から発行される

・給与明細書や源泉徴収票
・確定申告書
・支払調書や課税証明書

などが挙げられます。

 

給与明細書は簡単に用意できますのでこちらを提出する人も少なくないかと思いますが、その場合、直近1ヶ月分でよいところや2ヶ月分必要なところなど会社によって条件が異なりますので確認が必要です。

 

源泉徴収票は会社から年末に発行されるものですが、紛失した場合は再度会社に発行を依頼する必要がありますので、もしものために大切に保管しておきましょう。確定申告書は個人事業主の方が自分自身で申告する書類ですので、控えがあれば大丈夫です。

 

課税証明書などは役所へ行って取得する必要があり多少手間がかかりますので、他の書類を提出することをお勧めします。

 

実際に収入証明書の提出が必要になってくるケースは、高額な借入額を希望している場合がほとんどです。また、他社からすでに融資を受けている方も提出する場合が多々ありますので、前もって収入証明書を用意する必要があるでしょう。

 

・収入証明書が不要になるケースとは?

 

お金を借りたいけれど借りるために必要な収入証明書を用意する時間がない、もしくは用意できないといった方もいらっしゃると思います。そのような場合には、収入証明書がなくても融資をしてくれるところがあるので、そこを利用するとよいでしょう。

 

消費者金融の場合、50万円以下もしくは他社と合算して100万円以下の場合は収入証明書不要となっているところがほとんどです。

 

また、銀行の場合は総量規制対象外ですので、消費者金融に比べて可能額が高く、100万円〜300万円までの幅で収入証明書不要にしています。確実に即日融資を受けたいと希望されている場合は、この金額内で検討することをお勧めします。

 

ただし、安定した収入のある方が対象になっていますのでそれを忘れないようにしましょう。