申し込みに迷ったら、簡易診断を利用して融資可能か診断しよう!

融資をしてもらうには必ず審査が必要ですが、審査に通らなかったらどうしよう、と思い悩んでなかなか申し込みに踏み切れない人も多いのではないでしょうか。

 

そんな時には即日融資を申請する前に借入できるか数秒で診断してもらえる、仮診断や簡易診断を利用してみましょう。

 

年齢や生年月日、性別、独身既婚、現在働いている会社での雇用形態や年収、借入希望額や他社からの借り入れが有るか無いかなど、いくつかの項目を入力するだけで瞬時にチェックできるというものです。

 

名前などを入力する必要はないので、申し込みをする前に借入が出来るかどうかだけを試しにチェック出来るというわけです。

 

これを利用すれば、申し込み前にひとまず知ることができますので、申し込みをした履歴が残ることもありませんから、もし審査に通らなかったとしても安心です。

 

ただ、この診断結果が必ず本審査の結果と同じとは限りませんので、その点は心に留めておくようにしましょう。

 

・審査を通過するために最重要視されるポイントは?

 

審査基準に関して正式に発表している訳ではありませんが、本審査を通過するに当たって各会社が最重要視するポイントは、やはり安定した収入が継続して見込めることが前提となっていますので、雇用形態が重要視されます。

 

会社員ではないアルバイトやパートなどの場合は審査が通らない可能性もあるので、申し込み前に確認した方がよいでしょう。

 

また、勤続年数が1年未満など就職や転職してから年数が浅い方も注意が必要です。次に、年収や他社での借り入れの有無が挙げられます。

 

総量規制が対象の消費者金融では年収の3分の1以内までしか融資が出来ませんし、他社での借り入れがある場合は、その金額と合算することも必要です。

 

基本的に即日融資を受けたい場合、収入証明書が不要な金額内で申し込みすることをお勧めします。

 

その他に、1ヶ月のうちに何社も融資を申し込みしている場合も警戒されてしまいますので、1社もしくは多くても2社までに抑えておいた方がよいでしょう。